[会社沿革]
     

  
  1960年   創業者 杉浦康允が杉浦容器製作所として会社を発足。
 東京都葛飾区四つ木において美術化粧缶の製造を始める。 
  1968年   株式会社東都製缶設立。資本金200万円。
 名古屋工場設立。 
  1971年   資本金を600万円に増資。本社及び工場を移転(葛飾区内) 
1977年  資本金を1,200万円に増資        
  1979年   東京工場拡張のため埼玉県八潮市に移転し、新工場設立。 
  1980年   大日本印刷㈱と業務提携を結び、種々のプレス加工分野へ
 業務を拡張する。 
  1982年   高周波を導入し、和風調の缶を製造する。 
  1983年   配送センターを埼玉県吉川町(現吉川市)に移転する。 
  1987年   名古屋工場に配送センターを設立する。
  1991年   組カールの新製法を開発し、特許申請する。
  1992年   吉川配送センターを拡張する。
  1995年   八潮工場を閉鎖し事務所を吉川工場に移転。
 千葉工場を設立。
2000年   本社を葛飾区四つ木から現在の立石に移転
2007年   山本泰則が代表取締役に就任。
2008年   名古屋工場を閉鎖する。